バティックデー

バティックとはジャワ更紗とも呼ばれている、ろうけつ染めの染め物です。去る10月2日はバティックがユネスコの世界無形文化遺産に認定されたことを記念する「バティック・デイ」でした。その他、毎週金曜日はバティックを着る習慣があるようです。

派手な総柄のものが多いので個人的に好きじゃなかったんですが、これ1枚でフォーマルとして通用する利便性に負けて最近はよく着ています。

kemeja batikワタクシのバティック。本当の本物は職人さんが1枚数か月をかけて染め上げるそうで数万円から数十万円のものまで。バティックふうのプリントシャツなら500円から2~3千円。

地域によって特徴的な柄があったり、色も様々。数千円のものでかなり「それっぽく」見えるものもあり、探すのも楽しいです。

一瞬「お土産にいいかな」と思いがちですが日本ではちょっと、派手すぎて着れないんですよね。

bapak bluebirdタクシー最大手「ブルーバード」さんはオリジナルのバティック(ふうシャツ)を制服にしています。最近はそれもアリかなと思っております。何かの記念に作るとか。。モチロン500円のやつで。


【チカランのねこ】

何度も登場している3姉妹はそれぞれ独立したようで?今はこの子だけです。すでに子持ちで、世代の移り変わりの速さに驚くばかりです。Screenshot_20171007-134915_1_1ごちそうさま

P_20171007_135745_1_1からのスリスリ。ドライフードでなく猫缶をもっとくれの意。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です