沈みゆくジャカルタ

ジャカルタでは年10cmほどの速度で地盤が沈下しており、気候変動による海面上昇もあって実はかなり切羽詰まった状況のようです。

経験のあるオランダと韓国の協力を得て巨大防潮堤を作る計画が以前からあり、この度年内着工を目指す旨発表がありました。やるならもう始めないと、という事のようです。工事は遅れて当たり前、予算は誰かの懐に消えていくのが当たり前、という今までの調子ではもう手遅れでは??

計画の青写真、全体図がこちらです。

グレートガルーダおお、すごい。絶対できなそう

企業や一般家庭による地下水のくみ上げと、運河や河川への不法投棄が地盤沈下と度重なる冠水の原因なので、これを解消できれば防潮堤も不要という意見もあるのですがそれはそれで、住んでいる人間の感覚として、相当難しいと思います。

となるともう、沈むしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です