渋滞解消‥⁉

毎度どうもです。
いつまでたってもバタバタのインドネシア事業です。

さて、新興国であるこちらでは様々な交通インフラ整備が進んでいます。
工事の遅れは当たり前なんですが、それでも進捗はしていて、
業務にも個人的にも恩恵がありそうな2つの工事が、ついに近々開通予定となっています。

ひとつはジャカルタと東部に隣接する工業地帯ブカシ県・カラワン県を結ぶ既存ジャカルタ・チカンペック高速道の2階建て化。
東ジャカルタから、いわゆる工業団地エリアの東部「チカンペック」付近まで出口なしの高架橋。男前!
そこより先のエリアと首都のアクセス向上というわけなんですが、まぁ出来れば乗りたくないですね。
上で何かあって大渋滞したらもうどうしようもないですし、正直、強度も心配です。下が多少空く事に期待です。
こちら当初はアジア大会前、去年8月の開通を目指しましたが、今のところ今年12月末の帰省ラッシュまでに開通、との事。

もう一つは工業団地エリア内「チビトゥン」と、東ジャカルタ「チリンチン」を結ぶ、第二外環道プロジェクトの一部区間。
北ジャカルタの港と工業団地エリアとのアクセス向上が最大の目的です。
こちらはぜひ使いたいですし、今までの道路も交通量の分散が期待できます。
こちらちょっと前には今年9月開通と聞いた気がしますが、今のところ来年第二四半期中に開通、との事。

地図で言うとこんな感じです。我らがGIICを中心に(?)たくさんの工業団地があり、みなさん通常の渋滞及び工事渋滞に悩まされてきました。

開通が楽しみですね。

ほぼ日系企業が作り、先日素晴らしいクオリティをもって開通したジャカルタ市内の電車「MRT」事業では業者に対して意味不明の払い渋りがあったとか、
ジャカルタ・バンドゥン高速鉄道事業で日本は綿密な計画と調査のデータだけ取られてリークされ結局中国が受注したとか、
カントリーリスクでは納得できない不義理を働いておきながら首脳会談で「日本からの一層の投資拡大を期待します」などと言ってのける所はありますが、
また、実際来てみるとそぉ~こまで魅力あふれるマーケットではないかもしれない…かも知れませんが、成長局面にあることは事実。

全てが少しずつ良くなっていくと信じて頑張りましょう。たまにはバリで休んだりしながら。。

ではまた。