縁日祭2017 其の弐

前回に引き続きBlokM 縁日祭のレポートです。ボスの和太鼓やワタクシが出演した「メインステージ」でなく、コスプレやオタク文化に特化した「ポップカルチャーステージ」の様子です。

pstage2画像は公式より。コスプレ大会の1場面です。地方大会を勝ち抜いた猛者たちが寸劇をやります。劇にシンクロした後ろの映像や音響、衣装などすべて手作り。なんかもう、すごいですね。。普通にカワイイ女の子のコスもありますよ。

Pstage1日本からのアイドルさんやJKT48、こちらでアイドル的人気を拡大しつつあるイケメン津軽三味線奏者の伊藤ケイスケ氏も出演、大変な盛り上がりでした。

毎年ダイセーグループからも縁日祭に合わせて出張者においでいただいていますが、今年はダイセーエブリー二十四株式会社社長、及びエブリー24タイランドMDが来てくれました。お祭り参加の他に現場視察やトップ営業等、ハードスケジュールで活躍していただきました。ありがとうございます!

来年は日イ国交60周年ということでメディア露出もさらに拡大する模様、冠スポンサーを狙う価値はあるかも?

縁日祭2017その壱

ジャカルタオフィスのある「ブロックM」にて、第8回となる「縁日祭」が開催されました。 毎年非常に多くの来場者があり、2日間で25万人と言われていましたが「ほんまかいな」という声もあり今年は外部機関を使って調査したそうです。結果は驚きの、30万4620人! ennichisai5普通に歩くこともままならない大盛況です。一番奥にかすんで見えるのが後述する「メインステージ」となります。

この祭りの言い出しっぺであり実行委員長を務めるボス(現地パートナー社長)は今年も大忙しでしたが、今回は和太鼓チームの一員としてメインステージで演奏されました。ennichisai boss和太鼓「弁天」です。日本のプロチーム「梵天」に師事したことも由来していますが、インドネシア語で弁天、Bentengには砦という意味があり、永住組?の日本人の矜持を反映しているそうです。かっこいいです。

実はワタクシが所属する「チカラン軽音部」も同じメインステージで演奏させていただきました。ennichisai1アフロなワタクシ。現地日本人コミュニティに溶け込む目論見で加入させていただいたのですが素のままだと全然気づかれません。動画のリンクを張りますが全然クリックしていただかなくて結構です。

ありがとうございました!続きます。

アホック州知事判決

現職のジャカルタ特別州知事で先日選挙で敗退したアホック氏の判決が言い渡されました。宗教冒涜の罪で、執行猶予なしの禁錮2年、求刑を上回る重い判決で、アホック氏側は控訴したものの即時収監されたとの事です。法廷の外では「神は偉大なり!」の歓声が上がったとか。

社内でも「アホックはクリスチャンだから」嫌だ、みたいな声を聴くこともありました。とても穏健で寛容なムスリムが大半ではあると思いますが、イスラム強硬派の意見が勢いづいているようで少々不安です。