デルタマス・シティ

チカラン事業所が入居している「デルタマス・シティ」は、日系が参画する世界最大級の都市開発プロジェクトです。

ジャカルタ中心地から東へ40㎞ほど、道が空いてれば、もし仮に空いていれば、車で1時間以内の立地。約3,000ヘクタールという大きすぎて私にはピンとこない都市開発です。工業団地エリアは以前少し触れましたが、工業用地だけでなく住宅や学校など総合的な開発が行われています。DeltaMasこうした広大な造成地がそこかしこにあります。ここは住宅地と、イオンモールさんができる予定のエリア。日本人家族が何不自由なく暮らせる街になる、そうです。素晴らしいですね。正規雇用の創出で納税者も増えるし、もっと外資に門戸を開いたほうがいいですよね!


今週の猫

Screenshot_20170330-152657_1むにゃむにゃしていました。

 

インターンシップ

PTダイセーログインドネシアでは現在、インターンの大学生を受け入れています。P_20170323_140959デルタマスに2名P_20170322_143456ジャカルタに1名。バンドンにある「プロテクニク・ポス・インドネシア」という郵政・物流に関する大学?の子たちで、3か月間の予定です。GMのR君が全体的な説明を行い、その後は各現場の実務を学びます。さすがに3人とも賢そうです。女子大生ですが何か貫禄が…


【今週のねこ】

BeautyPlus_20170128223133_save手のひらサイズでふわふわの毛玉みたいだったのに、

ずいぶん長くなりましたね。Screenshot_20170319-113756_1

 

沈みゆくジャカルタ

ジャカルタでは年10cmほどの速度で地盤が沈下しており、気候変動による海面上昇もあって実はかなり切羽詰まった状況のようです。

経験のあるオランダと韓国の協力を得て巨大防潮堤を作る計画が以前からあり、この度年内着工を目指す旨発表がありました。やるならもう始めないと、という事のようです。工事は遅れて当たり前、予算は誰かの懐に消えていくのが当たり前、という今までの調子ではもう手遅れでは??

計画の青写真、全体図がこちらです。

グレートガルーダおお、すごい。絶対できなそう

企業や一般家庭による地下水のくみ上げと、運河や河川への不法投棄が地盤沈下と度重なる冠水の原因なので、これを解消できれば防潮堤も不要という意見もあるのですがそれはそれで、住んでいる人間の感覚として、相当難しいと思います。

となるともう、沈むしかないですね。

若者は幸福らしい

世界20か国、2万人以上の若者を対象に幸福度の調査を行った英国の財団があるそうで、それによるとインドネシアの若者は世界一幸福らしいです。graphいくつか指標があってこれは「全体的な幸福度」。20か国中、堂々の第1位。9割幸福って。単に深く考えないだけ…日本は最下位。まさに「しあわせは じぶんのこころできめる み〇を」てやつですね。でも確かに、長くこちらにおられる日本人含め、屈託なく笑うひとが多いとは感じます。良い事ですね!


猫も幸福?P_20170303_123629これは何だったんだろう。ある日仔猫が5匹追加されて、1週間ぐらいで居なくなりました。妹ちゃんが威嚇していたのでよその子であることは確か。うちの子たちは今日も元気に猫缶の取り合いをしています。

GIF_20170310_105706

 

国産車

 

 

インドネシアでは国産車の開発が進んでいます。農村部での使用などを想定した、多目的商用車だそうです。

truk domesticじゃん。まあまあイケてますよね。日本車を始め外車は高いので、頑張ってほしいものです。今年8月の完成を目指しているとの事です。


【今週の猫】

周囲の野良ちゃんに比べて丸いし毛並みがきれい。満足です。

Screenshot_20170302-082306_1