禁酒法?

ここインドネシアでは現在、酒類規制法案が国会で審議され話題となっています。

全くお酒を飲めないワタクシ鈴木は大歓迎!!

・・・とはいかないですね。これを推進しているのはイスラム系政党で、彼らが目指しているのはイスラム法に基づくイスラム国家。これは国是である「多様性の中の統一」に反していますし、飲む人にとっては人権問題とも言えるでしょう。

規制推進勢力が表向き根拠としているのは健康被害。酒類が原因で亡くなる方が年間何十人もいるとのことなのですが、これは実際には密造酒によるもので、正規品を規制すれば密造がさらに横行し健康被害はむしろ増大するとの意見もあるようです。

可決されることは無いでしょうとこちらでお会いする日本人の方々皆さんおっしゃいますがインドネシア人の飲酒率は2.2%(もうちょっといる気がします)との統計もあり、飲まない人が世論を形成する大半ですので、ありえなくはないかなとも思います。

ちなみに昨年4月に施行された、コンビニなど小型店舗での酒類販売禁止はその後緩和されたとの事ですが、実際にはまだ売っていないようです。理由は分かりません。立法・施行しても運用の現場はグレーという事が多いので慎重なのかもしれません。早く再開されるといいですね。

マチェッ

【macet】渋滞です。tはサイレント。

最後の子音を発音しない単語が多くて、頑張って聞いてもtなのかkなのかpなのか分かりません。インドネシア語は簡単と言われていますが、こと発音に関しては結構奥が深いと思います。「ん」で終わる単語も最後にgが付くかどうかで微妙に発音が違うそうで、よく指摘されます。

hujanバイクしか持っていない人が多いので雨でもバイクがたくさんいます。しかも超・身勝手な運転・・・。ただ最近この無秩序の中の秩序、呼吸のようなものがわかってきた気がします。車来てるけどGOだな、みたいな感じです。


 

tafu本日のディナーはピリ辛野菜炒め入り豆腐揚げ、30円也。もとい、今3,000ルピアは・・・23円!ローカルクルーと自然に意見交換などしながら食べられますし、費用対効果が凄いです。

 

犠牲祭2016【※閲覧注意不要】

早いもので私鈴木がインドネシアに来て二度目の犠牲祭となりました。我らが現地パートナー様は去年はヤギ2頭を提供されましたが今年はついに牛!です。cuci sapi牛くんを洗って、

sapi tidur寝かせて、

 

 

・・・(中略)お肉になりました。結構すごい光景でした。。町中のあちこちで。。

「うちの会社も出そうか、ウサギとか」と提案したのですがヤギか牛じゃなきゃダメです(多分ヒツジはOK)と言われました。

 


 

チカラン・デルタマスでは定期整備が行われています。

service液体類の交換と各部点検、興味津々のウチのクルー。邪魔しちゃダメだよー。整備の知識を持ったクルーは意外と多いのですが生兵法は怪我のもと、プロに任せましょう。

 

そして蛇足ながらついに、その存在が疑問視されていた生物をカメラが捕らえました。kucing duaじゃーん。仔猫×2です。ちゃんと育てていたんですね。てっきり育児放棄されてしまったかと思いました。

kucing anakお母さんそっくり。

JJM

去る9月3日・4日の両日、JJMことジャカルタジャパン祭りが開催されました。

torii

ダイセーログとして和太鼓の搬入・搬出と、鈴木が所属するチカラン軽音部の祝・ジャカルタ進出!のステージを観に行きました。

mini stageミニステージ、チカ軽の雄姿。現地の楽曲も織り交ぜ、大変盛り上がりました。新入部員の鈴木は観客です。

main stageあの有名な?JKT48も出演したメインステージ。夏フェス感あります。「来年はこっちに出よう!」と決意を新たにするチカ軽の面々でした。

bossボス(現地パートナー社長)は、うなぎ屋さんのお手伝いで大忙し。美味しかったです。


 

チカラン・デルタマスでは(我らが)サンクレスト・レジデンスのすぐ近所、はす向かいに新しいサービスアパートがオープンしました。le premierLe Premier 、ル・プルミエさん。一応パンフなどもらおうと思ったらなんと、某・M菱さんが全室2年間、借り切っているそうでした。凄ぅい。