国内出張③

驚かないで下さい。まだ日本にいます。

さて、前々回の国内出張の続きです。新幹線移動の後、当然在来線に乗るのですがそこで事件がありました。階段を下り、ちょうど電車が入ってきたので急いで乗りました。他の車両に比べて空いていて、座れました。空いているせいか分りませんが、社内はさわやかな良い香りがしていました。今日はツイているななんて思いながら、しばらくして周りを見ると女性ばかりです。。。

20140425_154045_resized

「あっ!」なんて大きめなリアクションをとりながら移動しました。

別事件ですが、実は関西方面の駅券売機には領収書ボタンがありません。なので一回一回駅員さんのとこに行き、100数十円の手書き領収書をもらいに行ったのですが、そんなことしているのは私だけでした。不思議に思い調べてみると、税務上、公共交通機関の領収書は必要無く、経費精算の際エクセルでどこどこ行ったと分るシートを添付すればいいそうです。ご担当者様、もしこれを読んでいたらご検討お願い致します。

来週、故郷に戻ります。

マック

 

女子力

unnamed

雑誌ネタです。日経ビジネス(2014.04.28・05.05合併号)の記事です。海外ではビジネスにおいて男性よりも女性の方が能力が高いというのはよく聞く話です。また女性が活躍している企業の方が利益率が高いという研究結果も発表されていたかと。一方、日本はこの点においてかなりの後進国だということも有名な話です。

インドネシアはどうかというと、人事は非常に欧米化しています。前職の会社はヨーロッパ系でしたが、課長以上の50%は女性でした。但し「女子」というより全員「肝っ玉母さん」という感じで仕事もプライベートもバリバリでした。彼女達はプロフェッショナルで「女子力」なんかでは太刀打ち出来ません。歴史的に「男性が外で働き、女性が家を守る」という文化の根強い日本では、女性のマインドも欧米とは少し違うような気がします。

というわけで日本で「女子力」が認知されるようになるには男性、女性双方の歩み寄りと時間が必要になるような気がします。例えば、既存の組織文化を急に変更するのは色々と支障があると思うので、比較的小さな規模の新事業等を活躍したい女性管理職に任せ、「草食男子」を部下にして、PLの結果で男性管理職と比較することを繰り返していくことで新しい文化が生まれるかもしれないと思いながら読みました。

マック

国内出張②

新幹線のホームには朝から大勢のビジネスマン達が電車を待っています。日本では当たり前の風景ですが、浦島太郎には新鮮に見えるのでパチリ。

20140423_093817_resized

日本に帰国する度に思うのですが、先進国と新興国の大きな違いの一つは「どれだけ多くの人間(労働力)を決まった時間に決まった場所に送れるか」ということです。インドネシアの通勤は、トラックの場合、

1無題

この様な感じが渋滞にハマり、前回のブログにT課長からちょうどコメント頂きましたが電車の場合、

a7a88fe1

この様な感じがおそらく1時間に数本だと思います。この電車を降りると上の写真のトラックに乗って渋滞にハマります。ちなみにインドネシアにはまだ地下鉄すらありません。圧倒的な差です。この差が労働力全体の仕事量の差となり、最終的に先進国と新興国とを分ける一因になるのではないでしょうか・・・。

なんてことを考えながら電車に乗っていると事件に巻き込まれてしまいましたっ!(続く)

マック